記事を書くとはどういうことか

ライターや編集の求人を見た人の中には、記事を書くという仕事自体が、どのようなものなのかがよくわからない人もいるかもしれません。

文章を書くということは理解できても、どのような文章が記事というのか、その説明を求められても答えられないという事も多いのではないでしょうか。

自分の書きたいことと求められる文章のギャップ

どのような文章であっても、記事として考えることは出来ます。

ですがクライアントの求める文章というのは、仕事の内容によって異なります。

そうなれば希望に合わない内容の文章は、記事として使えないということになります。

在宅ライターは、記事に何を求められているかをしっかりと把握する必要があります。

希望にあわない記事を納品して報酬を得るようでは、プロのライターとはいえません。

ライターという職業には資格などは必要ありませんから、その仕事で報酬を得ている時点でプロ意識を持たなければいけないのです。

在宅ワークという仕事のスタイルは、最近になって増えてきたものではありますが、だからといって仕事に甘えていいわけではないのです。

お金が関係するということは、非常に大事なビジネスのひとつであるということを理解しなくてはいけません。

文章というのは誰であっても書けるものではありますが、クライアントの要望に答えてこそ、真のライターといえます。

しっかりとした記事が書ければ、仕事は次につながり、安定した報酬を得られるようになってくるのです。

フリーライターになりたい人はどうすればいいか?

記事を書きたい、フリーライターになりたい。そう思っていても、求人の情報でフリーライターの職はなかなか見つからないでしょう。

そもそもフリーライターという職業自体、自らの意思でなるものですから、その職業に対して求人情報が発信されることはないのです。

フリーライターがおこなう仕事に対して求人がかかることはあったとしても、その場合はすでにフリーライターという自覚を持った上で求人に応募するつもりでなければいけないわけです。

もちろん、フリーライターの仕事情報を見つけて、それにたいして応募を行い、その後フリーライターを名乗るようになる…というのも良いでしょう。

フリーランスや自由業といわれる人たちは、特定の会社などに努めているわけではないわけですから、いつでも好きなときに名乗ることが出来るわけです。

在宅ライターという職業もフリーランスのひとつといえます。

フリーライターという考え方にも当然該当するでしょう。

ただ、ライターとしての収入がそれほど多くないような場合は、内職という考え方も出来ます。

ビジネスマンなら名刺に肩書きを入れることで、自分の職業に自覚を持つ人も多いことでしょう。

しかし在宅仕事がメインの場合は、名刺の必要性そのものもあまりないケースが多いものです。

ですが最近では、ひとつの職業に対して色々な呼び名があることも多いですから、自分が何に該当するかは自分で決めて、自分で公言するのもいいかもしれません。

登録ライターのすべてが、仕事が出来るとは限らない

在宅のライターが、募集のサイトで仕事がいつでも請けられるようにしていることは多いものです。

公募サイトなどに登録しておけば、いつでも仕事を探すことが出来るでしょう。

在宅ライターが応募した仕事が、必ずこなせるとは限りませんが、登録しておかなければ仕事の詳細を把握することが出来ないサイトもたくさんあります。

そのため、率先して仕事をこなしていく気持ちがあるなら、まずは登録することが必要になってきます。

とはいっても、初めてサイトに登録するときは、少し不安な気持ちになる人も多いかもしれません。

このサイトは安全なのだろうか、個人情報が流出したりしないだろうか…といった気持ちは、誰だって少なからずあることでしょう。

しかし最近のインターネットのセキュリティーはかなり徹底されていますから、そう簡単に個人情報が流出したりすることはありません。

信用の出来るサイトであると判断できるのであれば、安心して登録してみましょう。

登録自体は無料なところも多いものです。

ただそうなると、登録者の人数と実際に仕事がこなせるライターの割合は一致するとは限らないのです。

登録だけはしておいても、いざ仕事を請けるとなると自信が持てない人も多いものなのです。

サイト登録者の人数は目安にはなりますが、それだけを判断材料としないことです。

登録者は少なくとも、優秀な人材がいる可能性だってあるのです。

仕事を探すのが仕事にならないように気をつけよう

求人の情報や、アルバイトの話を日々探しているという人もいるのではないでしょうか。

暇さえあれば仕事情報誌や求人サイトをついついみてしまうような場合は、今の自分の生活環境を改めて考え直してみることも重要です。

もし今自分が仕事をしていて、その上で求人情報を探しているのなら、今の仕事に何かしらの不満があるのかもしれません。

実際、こういった理由から求人情報をみる人は多いでしょう。

また、今の仕事は満足していても、それよりもっと良い仕事があれば…という考えを持っている人もいるかもしれません。

単純に「良い仕事」といっても、仕事面なのか待遇面なのかによっても異なります。

どちらにしろ、今の自分の仕事が満足していれば、仕事を新たに探すことはほとんどないでしょう。

万が一のために今のうちに仕事を探しておく・・・という考え方も出来ますが、それを言っていればきりがありません。

仕事を探すのが趣味、もしくは仕事になっているような生活にならないように、自分の生活環境を整えていくようにすることが重要といえます。

たとえば在宅ライターのように収入が不安定な仕事の場合は、安定した収入を求めて、在宅ライターをしながら別の仕事を探すというのもいいでしょう。

内容によっては2つ、3つの仕事を掛け持ちしてみるのもいいかもしれません。

ライティングの仕事の将来性を考える

テクニカルライター募集に対して応募をしてみようと考えている方もいれば、今はまだ漠然と、在宅ライターという職業に興味を持っているだけの方もいるかもしれません。

在宅ライターは在宅仕事という点に魅力を持つ人が多く、関心が高い職業といえます。

ですが、ライティングの仕事はどの程度続けていけるものなのかと考えたとき、不安を抱えてしまう人もいるはずです。

フリーランス、自営業、個人事業主…どれも扱いとしてはそれほどかわることはありません。

いずれにもいえるのは、自分に関わる仕事の責任は、すべて自分自身にあるということです。

将来どの程度仕事を続けていけるかも自分次第なのです。

たとえ収入が激減したとしても、本人が望めば続けていくことは出来るのです。

そもそもライティングの仕事の需要がここ最近高まっている理由としては、ネット業界の普及が関係しています。

インターネットという市場が安定していくことで、これからもライティング事業は安定した需要が見込めることでしょう。

そうなれば、しばらくはライターの仕事はなくなることは無いはずです。

時代によってライターの求められる文章はかわっていきますから、それに順応していくことは簡単なことではないでしょう。

しかしそれさえできれば、ライターとしての仕事を長く続けていくことも不可能ではないはずです。

ウェブライターの今後を考える

webライターの求人が増える中、ライターの人口だけがどんどんと増えていると感じる人も多いのではないでしょうか。

もちろん中にはやめていく人もいますが、在宅ライターのような在宅仕事は希望者が年々増えていると考えられますから、

仕事の供給量よりも、ライターの数だけが増えていく可能性もあります。

今記事が多く求められている媒体としては、ネット業界があります。

数多くの雑誌や本などが発行部数の減少を避けられない中、ネット業界は異常なほどにサイト数を増やしていっているのです。

しかし、ネット業界もある程度整理がおこなわれてきています。

そうなれば長く放置されているサイトは姿を消し、人の集まるサイトだけに注目が集まっていくようになるでしょう。

ネット上で求められる記事も、多さではなく質が重要視されるようになるわけです。

今はウェブライターとして仕事をしている人であっても、ここ数年のうちに仕事量が激減する可能性は大いにあります。

そのため今のうちに、別の記事の仕事を探しておくことも重要です。

優れた文章を書ける実力があるのなら、記事の執筆だけにとらわれる必要もないでしょう。

まだまだ未開拓地が多い職業ともいえますから、色々な方向性を考え仕事をしていくことも重要です。

時代の流れにそのままのっていると、そのうち収入源がなくなる可能性だってあるのです。

事前審査あり!ライター求人に応募する

注意!ライター登録には必ず審査がございますので、予めご了承ください。

審査内容は申し込み完了後に担当者からメールでお知らせします。

コメントを残す