sohoとは何か?

在宅で仕事をする上で、sohoと内職の違いは何かと考える人もいるかもしれません。

たしかに内職も家でする仕事ですし、在宅ライターのような職業は、sohoに該当するのか内職に該当するのか、悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?

sohoとは?

sohoとは在宅で仕事をするスタイルのことをいい、最近ではこういった働き方がかなり普及してきています。

スモールオフィス、ホームオフィスという考え方のため、在宅ではなくとも、小さな事務所を構えて仕事をするような人もいるのです。

この場合は、その人によって違うということになります。

内職とsohoの大きな違いは収入であって、sohoの場合は個人事業主などの扱いで届出をしているケースになります。

これによって確定申告時には、稼ぎに見あった税金をおさめることになるわけです。

逆に内職の場合はアルバイトなどと同じく、わざわざ届出をする必要はないといえます。

だからといってsohoという届出を出すというわけではなく、あくまでもsohoとは、最近の雇用形態の呼び名のようなものと考えれば良いでしょう。

実際にこのような働き方をしてる人は増えていますから、sohoそのものが普通になってきているともいえます。

そのため一時期よりもsohoという言葉は使われなくなってきているかもしれません。

今後はさらに在宅での仕事スタイルは増えていくことでしょう。

そうなったとき、外で働く人のほうが減ってくるようになれば、また別な呼び方がつくられるかもしれません。

いま流行の働き方とは

一時期、sohoという言葉が流行り、求人が目立つことも多かったものです。

今ももちろんsohoという言葉は使われていますが、この働き方は、かなり定着しつつあるせいか、逆にあまり使われなくなっているような印象もあります。

sohoとは、小さなオフィス、自宅がオフィスといった意味で、従来どおりオフィスビルに集まって皆で仕事をするスタイルではなく、個人で自分のスタイルに合った仕事を行うやり方です。

基本的にパソコンを使った仕事が主になりますが、だからこそ、働く場所を選ばないともいえます。

この手の言葉というのは、時代ごとにどんどんと新しいものが作られ、中には今までまったく聞かなかったようなものも存在します。

しかしそれは、パソコンの普及とともに我々の働き方そのものが、だんだんと変化していっている証拠ともいえるでしょう。

sohoで在宅ライターをしている人もいるものです。

ただしライターの場合は、必ずしもsohoという働き方ではなく、内職のように自宅でちょっとだけ働くスタイルを希望する人も多いものです。

働き方というのは流行がありますが、必ずしもそれにあわせる必要はありません。

時代に応じて自分の働き方を変えていくのもいいでしょう。

流行にとらわれず、自分が働きやすい環境で仕事をすることが大切なのです。

在宅の仕事と流行の話

副業をネットを使って行う人が増えているものの、それを流行の働き方と考える人もいるかもしれません。

たしかに、以前とは違うことが普及してくることで、それをすんなりと受け入れられるとは限らないものです。

たとえば在宅ライターなど、パソコンを使った副業をこなすことが、多くの在宅仕事希望者の中で話題になったとしても、

すべての人にやりやすい仕事かといえば、決してそうではありません。

たしかに、パソコンひとつあれば難しい知識などは要らず、副業としては非常にやりやすいもののひとつではあります。

しかし、パソコンを使いこなせない人だってたくさんいるわけです。

いまや多くの家庭にパソコンが普及しているとはいっても、決してテレビのような普及率とまではいかないものです。

さらに操作もある程度難しいとなれば、今後もパソコンの購入予定がないという人だっていることでしょう。

仕事としての需要が高まれば、副業を行う人も増えていきます。

ただ、メインの仕事で十分な稼ぎが得られるようになれば、副業を好んで行う人は大幅に減ってしまうことでしょう。

そうなれば、効率の悪い副業を行う人はさらに減り、流行どころではなくなってしまうかもしれません。

パソコンを使う世代はこれからの時代を支える世代でもあるといえます。

その人たちがパソコンを使った仕事や副業を好んで行うことが定着すれば、流行に左右されない働き方が出来るようになることでしょう。

事前審査あり!ライター求人に応募する

注意!ライター登録には必ず審査がございますので、予めご了承ください。

審査内容は申し込み完了後に担当者からメールでお知らせします。

コメントを残す