在宅ライターと電話業務の向き不向き

在宅ワークにはさまざまな仕事がありますが、電話業務の仕事もあります。

この電話業務、向き不向きはありますが、年々需要が高まりつつある仕事なのです。

在宅ワークでの電話業務の向き不向き

在宅コールセンターの求人は、最近はよく見かける傾向にあります。

在宅での仕事を望む人が増えてきていますから、それに応じて家が電話の窓口といえる環境がととのってきているのかもしれません。

さらには携帯電話の普及も大きいといえるでしょう。

電話の機能が高まっていくことで、従来ならば考えられなかったような仕事も自宅でできるようになってきているのです。

在宅ワークには電話業務以外にも、在宅ライターのようなパソコンとネット環境を使った仕事もあります。

この場合は取引先とのやりとりもメールで行うことが多く、仕事中に電話をする機会はほとんどないといえるでしょう。

また、電話をやりとりするのが苦手という人が、記事を書くような仕事を望んでいるケースも多いのです。

そうなると、ライターが電話業務を兼業で行うことは、向いているのか向いていないのか悩んでしまうところです。

どちらも在宅で出来る仕事ですし、両方を上手にこなせばそれなりの高収入が見込めるでしょう。

ですがもし電話応対が苦手なライターであれば、その兼業は望まないでしょう。

それならばその分ライターとしての仕事に集中して、ライター専門として仕事を行ったほうがやりやすいと感じるはずです。

要領の良い人ならば、さらに別な仕事も合わせて、在宅ワークを多数こなすケースもあるかもしれません。

ですが効率というよりもそれぞれの仕事の質も重要ですから、仕事に妥協をしないような状況を作り出すことも大切です。

電話対応を事務職担当ではなく、在宅ワークで行う理由

最近ではアルバイトの電話の応対仕事が増えてきています。

以前からある仕事ではありますが、特にここ数年見られる傾向としては、在宅ワーカーとして働く人に仕事をふるケースです。

会社内の窓口とも言える業務を外部の人間に振ることは、非常に難しい判断といえるでしょう。

特に専門的な知識を必要とするような電話対応の場合、誰でも簡単にできるというわけではありません。

もし電話の対応にクレームがでてしまえば、会社そのものの評判を落とす危険性もあるわけです。

しかし、電話応対業務を一手に引き受ける専門業者も増えてきており、需要は年々高まっているといえます。

大手企業は電話応対用の専用マニュアルやソフトをつくり外部への委託を行っているところも多いでしょう。

小規模の会社であっても、電話応対にかける時間が多くなれば、本来の自分の仕事の合間に電話を受けている場合、仕事がすすまないことも多々あります。

そのため、電話の転送システムなどを使い、他の人に仕事を頼むのです。

事務職経験者などの主婦ならば、こういった仕事も得意でしょうから、在宅ワークとして行うことで需要も供給もあるわけです。

さらに剤楽ライターのような別の在宅仕事をしながら行えますから、効率もいいといえるでしょう。

ただし、時間内であればいつでも電話がかかってくる可能性がありますから、外出が多い場合などは注意が必要です。

事前審査あり!ライター求人に応募する

注意!ライター登録には必ず審査がございますので、予めご了承ください。

審査内容は申し込み完了後に担当者からメールでお知らせします。

コメントを残す