ネット環境さえあれば、海外でも仕事ができる

文章さえ書ければ、言語さえ習得すれば、ライターは世界中で通用する職種です。

在宅ライターならば、海外にいても日本から仕事を請負うことはできるし、海外に住んでいるからこその仕事を請負える可能性を秘めているのです。

在宅ライターの住む場所とは?

在宅ライターという職業は、場所を選ばずに仕事ができるのが利点です。

日本国内で普通に住み、そこを仕事場にするのはもちろん、海外に住み、ライターの募集に応募するような人もいます。

家族の都合で転勤や引越しを経験するような場合であっても、インターネットが使える環境にあれば、ほとんど影響はないのです。

人によっては、住居はあるもののほとんど家にいないという人もいるかもしれません。

旅が好きな人なら、旅先で仕事をこなす人もいるでしょうし、毎日街を歩きながら、ネットが使える環境で仕事をする人だっていることでしょう。

最近では、人の集まる公共の場所やお店などで誰でも自由に使えるようなインターネットの無線回線が増えてきています。

これがあれば、自分で接続のための機器を用意することなく、ノートパソコンなどを一台もっていけば、いつでもインターネットを楽しめるわけです。

場合によっては、インターネットの環境がほとんどそろっていないような海外に住みながら仕事がしたいという人もいるかもしれません。

しかしライターにとって、ネット環境がなければ仕事はほとんどできないといえますから、その場合は執筆だけオフラインで行い、記事の納品や連絡を取りたいときだけインターネットを使えるようにしなければいけません。

海外に住みながら日本の仕事請けるメリット

海外に住みながらライターの募集を探している人もいるかもしれません。

たしかに在宅ライターなどは、仕事をする場所を選びませんから、ネット環境さえ整っていれば世界中どこにいても仕事は可能と言えます。

報酬の支払い方法さえしっかりと打ち合わせしていれば問題はないでしょう。

日本の仕事を請ける場合は、日本円での報酬の支払いが多いはずです。

日本国内の銀行口座などは用意しておいたほうが良いでしょう。

日本に住んでいて、途中から海外に移住したということならば、以前から持っている銀行口座などを利用するのが望ましいといえます。

ライターの場合、報酬額が住んでいる地域によって変わるということはまずありません。

そのため、日本国内であればなるべく郊外の物価の安い地域に住んだほうが生活しやすいといえます。

これは海外であっても同じことがいえるでしょう。

受け取った報酬をすぐに現地の通貨にかえてしまうのもいいですが、日本に行ったときのために貯金しておくという考え方も出来ます。

在宅ライターの収入は不安定ですし、それほど大きな稼ぎではないことも多々ありますから、別の収入源で暮らしていける余裕があるのならば、貯めておくという選択肢もいいでしょう。

在宅ワーカーは人それぞれいろいろなタイプがいますから、自分にあった方法を探してみましょう。

海外の日本人ライターの需要は?

海外在住ライター募集というのも、実は行われていることがあります。

自分が海外にいない場合は、これらの募集に関して積極的に見ることはないかもしれませんが、海外に住んでいる人にとっては、うれしい募集とも言えるのではないでしょうか。

海外に住むのと、日本に住むのとで、どの程度仕事に支障があるかということも気になるはずです。

基本的に在宅ライターは仕事場所を選ばないにしても、日本国内と海外とでは、入ってくる情報だって異なってくることでしょう。

そうなれば、今日本で流行っている内容などを記事に書こうとしても、海外在住では少し難しいかもしれません。

ですが、その考え方を逆手に取れば、いい仕事にめぐり合えるともいえます。

海外に住んでいるのなら、海外で入手しやすい情報をいち早く記事に書くことができるわけです。

これは、日本国内にいるライターには難しいでしょうから、ライバルも少なく、仕事がやりやすくなることでしょう。

海外在住ライターというのは、現段階ではかなり貴重な人材ともいえます。

その環境をいかして、積極的に在宅ライターとしての仕事を引き受けてみましょう。

またその場合、報酬の支払い方法には気をつけなければいけません。

基本的に日本に会社があるクライアントとのやりとりとなれば、日本に口座がなければ手続きが複雑になってしまいかねません。

現地発信の情報を目玉にしよう

日本のライターの場合、日本国内で仕事をしていることが多いですから、どうしても日本人から日本人に向けた記事が多いものです。

中には日本語以外の言葉を駆使して記事が書ける人もいますが、それならばライターではなく、翻訳などの仕事をしたほうが収入面においては安定するでしょう。

海外在住ライター募集を探そうともっても、なかなか簡単には見つからないものです。

募集をかける企業が、何のために海外在住の人材を探しているのかということをしっかりと考えれば、募集は見つけやすくなるかもしれません。

たとえば、現地に住んでいる人しかわからないような、リアルな現地発信の情報を求めている場合などは、海外在住ライターの需要が高いといえるでしょう。

そういった場合は他の在宅ライターの仕事よりも、報酬も高めに設定されている可能性があります。

今現在海外に住んでいるのならその利点を活かして、上手にライターの仕事を探してみると良いでしょう。

また、なかなか見つからないときは、自分から企業側へアピールしてみるのも良いかもしれません。

日本企業側も面白い企画などがあれば、積極的に取り入れていきたいと考えるところも多いものです。

日本に住んでいると海外からの情報が簡単に入るわけではありませんから、逆に持ちかけてもらうことで、すんなりと交渉がすすむこともあるのです。

事前審査あり!ライター求人に応募する

注意!ライター登録には必ず審査がございますので、予めご了承ください。

審査内容は申し込み完了後に担当者からメールでお知らせします。

コメントを残す