主婦にとっての、アルバイトと内職とパート

主婦の仕事というと、内職やパートをイメージする人が多いかもしれません。

また独身の人の仕事といえば、主婦とは違い、バイトをイメージする人が多いのではないでしょうか。

主婦が仕事をすることについて考えてみましょう。

主婦の働きかたについて

主婦が「バイトをやる」ということはあまり聞きません。また、主婦ではなくともバイトをやっている人が内職やパートをすることもあまり聞かないものです。

アルバイトと内職とパート、それぞれ微妙に内容は異なり、それによって仕事の種類や働き方も異なってくるものです。

そのため、主婦に向いているものはアルバイトではなくパートや内職が多く、また独身の人の仕事に向いているのはアルバイトであることが多いのです。

ですがこれらの違いを正確に説明できる人は少ないかもしれません。

さらには最近では、在宅でできる仕事も増えてきていますから、在宅仕事が何に該当するのかも難しいところです。

家でできる仕事ということで、内職と考えられることが多いですがパソコンを使う在宅仕事がすべて内職という考え方になってしまうと少し違うように感じるものです。

在宅ライターなどはまだ内職として考えられがちですが、今後は個人事業主として仕事を行う人も増えていくことでしょう。

そうすれば主婦であっても内職以上の仕事を自宅で行うこともごく普通なことになってくるわけです。

なぜ主婦はパートを希望するのか

主婦がパートの求人を探すケースというのは、かなり多いものです。

アルバイトや内職ではなく、なぜパートを希望するのか、気になっている人もいるのではないでしょうか。

主婦がパートを望む理由のひとつとして、控除等の問題が大きく関係しているといえます。

配偶者控除を受けているような主婦の場合は、自分で稼いで収入をたくさん得たいと考えていても、稼ぎすぎれば控除を外れてしまうことになります。

また控除を外れるとすれば、フルタイムで働くほうが収入も多くなりますが、その分仕事をする時間は圧倒的に長くなります。

家庭で毎日しなければいけない家事などをこなすとなると、なかなかフルタイムで仕事ができる主婦が少なくなってしまうのが現状といえるでしょう。

それでも最近は共働きの夫婦も増えていますし、控除等の問題も、年々変化が出てきています。

そのため今後は、主婦のそれまでの働き方が大きく変わる可能性もあります。

在宅ライターのように、在宅で仕事ができるものも多くなってきていますから、パートよりも稼ぎがいい
内職を望む人も増えていくでしょう。

そうなれば各家庭の所得も増え、景気も少しずつ上向きになって良くかもしれません。

そうなると、パートという考え方自体が今後問われてくるともいえます。

在宅での仕事を望む人が増えてくるようになれば、パートを希望する人が減り、パートで支えられている企業などは、人員の確保が難しくなるかもしれません。

主婦とパソコンの関係

主婦が自宅でできる仕事を探すにあたって、パソコンはかなり重要になってきます。

パソコンを扱うのは男性と女性、どちらが得意かと考える人もいるかもしれません。

機械やコンピューターというものは、どちらかというと男性のほうが扱いが得意という感じがするかもしれませんが、最近の事務仕事ではパソコンを使うものがほとんどですから、女性でも男性以上にパソコンに詳しい人も多いものです。

パソコンというのは非常に奥が深いですから、利用年数が長いからといって、必ずしもパソコンに詳しいというわけではありません。

パソコンのどのような機能を日々使いこなしているかによっても、パソコンの詳しさは異なってくるのです。

そのため、男女差、利用年数差ということで、簡単には判断できないのです。

主婦の場合、パソコンを利用する機会はそれほどないと考えている人もいるかもしれませんが、最近ではむしろ逆で、主婦だからこそパソコンを利用する時間が多いということもあります。

自宅にいる時間が長いからこそ、自宅でパソコンを使いこなし、仕事やショッピングを楽しむ人は多いのです。

結婚前に事務でパソコンを使っていて、その延長で自宅でパソコンを使いこなす主婦もいます。

そういった場合、在宅ライターのような在宅ワークをこなすのには非常に向いている環境といえます。

パソコンがあればできることは多いですから、ぜひ積極的に仕事を探してみるのも良いかもしれません。

収入以外の在宅のメリット

自宅で仕事ができれば、非常に助かると考える人は多いでしょう。

なかなか外出するタイミングが作れないという人にとっては、家で仕事ができることほど、うれしい事はないはずです。

普段は家族の収入で生計をたてていたとしても、もしそれを少しでも補う手段があれば、かなり生活も楽になることでしょう。

たとえば小さい子供や介護を必要とする家族が家にいる場合ですと、なかなか長時間家をあけることができなくなってしまいます。

ですがそんなとき、空き時間に自宅で仕事ができれば僅かであっても稼ぐことができるはずです。

これは、収入を得るということ以外にも、大きなメリットがあります。

自宅にこもって誰かのために何かを積極的に行っている人にとっては、自分自身で悩みなどを抱え込んでしまう傾向にあるのです。

そのため、家にいながら育児や介護以外のことにも触れ、同じ悩みを持つ人と交流を持ったり、仕事を行うことで、気持ちを整理したりすることができるのです。

在宅ライターという仕事も、女性に人気の仕事といわれています。

中にはライター同士が交流を持ち、インターネットを使って積極的に意見交換などをすることもあるようです。

働く時間こそ少ないにしても、お金以上に得られるものはあるはずです。

それに期待して、在宅仕事をはじめてみるのも良いかもしれません。

事前審査あり!ライター求人に応募する

注意!ライター登録には必ず審査がございますので、予めご了承ください。

審査内容は申し込み完了後に担当者からメールでお知らせします。

コメントを残す