在宅ライターはウェブライターなのか?

インターネットで仕事をするとなると、在宅のイメージが強いですが、そういった在宅仕事にはどんなものがあるでしょうか。

さまざまなライターの形態がありますが、どのような仕事が多いのでしょうか?

サイトの記事を執筆するウェブライター

最近では在宅のライターの求人を見る機会も増えてきています。

在宅ライターとは、その名のとおり家で仕事をしながらいろいろな記事を書く仕事です。

そのなかでも今、特に多いのが、ウェブライターの需要です。

ウェブライターは、インターネットのサイト上に必要な記事を書く仕事です。

ブログをはじめ、とある企業の紹介ページ、商品の紹介ページ、新聞のような情報を発信するタイプの記事など、内容はさまざまです。

クライアントの希望に応じて、書く記事が異なるため、書くテーマはその都度変わると考えて良いでしょう。

もちろん、在宅ライターの中には、ウェブライターではない別のライターとしての仕事をしている人もいます。

ですがウェブ上の記事というのは年々すさまじい勢いで需要が増えつつありますから、今、在宅ライターとして活躍しているほとんどの人がウェブ上の記事を書いたことがあるはずです。

執筆した記事をクライアントに渡すのにも、インターネットを利用すればいいわけですから、ライターにはウェブという存在が何よりも身近なものであることは間違いないでしょう。

こういった状況は今後も続き、ウェブライターの需要はどんどんと増えていくはずです。

今一番多いライターはどんなライター?

今、ライターといって一番その条件に当てはまるのは、ウェブライターかもしれません。

実際ウェブ上では、たくさんのウェブライターの募集がかかっているものです。

それくらい、今のウェブライターの需要は高いのです。

最近、在宅ライターとして募集のかかっている場合のほとんどがウェブライターともいえます。

もちろん、それ以外の仕事も入ることはありますが、それの比ではないくらい、ウェブ上の記事というのは求められているのです。

ウェブライターはどのような記事を書くのかと疑問に思っている人も多いかもしれませんが、これはウェブに関する記事を書くという意味ではないのです。

両方使われることもありますが、どちらかというとウェブに必要な記事を書くという意味で利用されることが多いでしょう。

ただ、ウェブに必要な記事といわれても、その幅はとてもひろく簡単に説明できるものではありません。

ただ、紙面とウェブとでは文章の扱い方が違ってきますから、ウェブに掲載する文章として違和感のないものを書き上げる能力があれば、どんな内容であろうと応用を利かせて仕事をこなすことができるでしょう。

ウェブという場は、かなりリアルタイムな記事を要求されることが多いですから、常に最新の情報を仕入れ、それを記事にする能力も必要です。

動きの早いウェブという場に流されないよう、しっかりとついていくことが求められるでしょう。

増える「カタカナ用語」をライターはどう扱うか

テクニカルライターやコピーライター、シナリオライターなど、最近ではライターもさまざまな求人がかかるようになってきています。

ただ単に「ライター」でひとくくりにしてしまえば簡単ですが、募集案内をみる人にとっては、どんな記事を書くライターを募集しているのかがわかりやすい方が良いでしょう。

そうなれば、ライターもある程度細分化されたほうがいいのかもしれません。

ただ、ライターについてよくわからない人が「テクニカルライター」という言葉を耳にしても、イマイチわからないはずです。

これは在宅ライターに関わる仕事に限らないといえるでしょう。

昨今では和製英語も増え、馴染みのないカタカナ用語が急激に増えており、名前だけでは何をしているかわからない職業もたくさんあります。

特にこれらの用語は、ネット業界に多くみられます。

ネットの場合、世界各国の情報が出回りますから、たとえば情報の発信源が英語圏であれば、それがそのまま日本で使われることもあれば、変化して日本で普及することもあります。

もちろんこれは英語だけに限りませんが、そういった現象が馴染みのない「カタカナ用語」を増やしてしまうことにもなるのです。

ネット業界の用語はライターにとっても重要ですが、それをそのまま記事にしてしまえば、一部の人にしか理解できない内容になってしまいます。

ライターならば読ませる対象に合わせて使う言葉を替える力が必要なのです。

活発的に動くライターってどうなの?

ライターというと、ひたすらパソコンに向かって仕事をしているイメージが強いためか、あまり活発的に動き回るような性格ではないと考える人も多いかもしれません。

しかしライターといってもそのバリエーションは豊富なため、在宅ライターよりも音楽ライターのほうが、活発的なイメージが強いような感じもします。

どちらもインターネット上で求人を見かけることはありますが、最近は在宅ライターがほとんどです。

在宅であっても音楽ライターは出来ますし、メディカルライターだってできますから、パソコンを使ってネット上で上手に動き回っているライターであれば、活発的といえるのかもしれません。

ただ、在宅ライターを希望する人のほとんどが、主婦などの在宅時間が長い人に多いようです。

記事に必要な情報は足でかせぐのが良いと言う考え方もあるでしょう。

しかし記事にする内容にもよるので、一概には言えません。

それよりもむしろ、インターネット上で情報収集をしたほうが効率の良いものもあります。

また、執筆作業のとき以外は外に出ているライターもいることでしょう。

そうなればパソコンに日々向かっているからといって、それで性格が判断できるとは限らないといえます。

パソコンは仕事道具の一つに過ぎないという考え方も出来ますから、活発的にパソコンをあやつる人だってたくさんいることでしょう。

事前審査あり!ライター求人に応募する

注意!ライター登録には必ず審査がございますので、予めご了承ください。

審査内容は申し込み完了後に担当者からメールでお知らせします。

コメントを残す