最後は人間の力が重要・・・校正作業の昔と今

文章を書くにあたって、誤字脱字はつきものです。記事の内容が長くなればなるほどに、ミスも出やすいでしょう。

誤字脱字をはじめからしてはいけないという訳ではありません。大切なのは、見直し訂正するという校正なのです。

人の手による校正作業

ネット上でたくさんの記事が必要とされることで、在宅ライターという仕事が増えてきています。

それと同時に在宅校正の求人も行われ、校正を専門的に行う人の存在も重要になってきているのです。

ライターに比べると校正を行う人というのは、どちらかというと裏方のような存在といえるかもしれません。

しかし校正作業というのはどんなに時代がすすんだとしても、コンピューターのチェックだけでは100パーセントミスを防ぐことはできないのです。

言葉というものには、時代に合わせて流行するものもあります。

さらには人間くささをうまく表現したような文章の書き方もありますから、機械的な処理だけでは、そういった味のある記事も、はじいてしまうことになるのです。

記事は人間が人間に読んでもらうために書いているわけですから、それをチェックするのは最後は必ず人間が行わなければいけないのです。

そう考えると、校正作業は昔も今もあまり変わっていないといえるかもしれません。

従来に比べればかなり楽になってきているでしょうが、その仕事の重要さは、時代がどんなに変わってもかわらないのです。

流行語などを判断できる人間くさい校正機能をもったコンピューターが出来れば、今度はコンピューター自身が記事を書くという可能性も出てくることでしょう。

チェック作業

在宅ライターという仕事が注目される一方で、在宅校正の求人も同時に増えてきています。

これらは似たような仕事のようにも思えますが、実はかなり違うものとも言えます。

在宅ライターは、家で文章を書く仕事になります。

家に限らず文章が書ける環境さえあればどこでもいいということにもなりますが、自らの考え方をまとめ、文章におこしていく作業となりますから、すぐれた文章力とスピードが要求される仕事になります。

少ない文章を書くことなら誰であっても時間をかければ出来ることではありますが、多くの文章を短い時間で書く作業というのは、他の仕事にはあまりないものです。

どれだけ自分の考え方をすぐにまとめられるかというのも、非常に重要なポイントとなります。

在宅校正というのは、そのライターの書いた文章を校正する作業になります。

誤字脱字はもちろん、文章として世の中に出すことに問題はないかといったようなことも同時にチェックするのです。

ライターの文章は個人の考え方も重要ですが、個人の意見を主張するのではなく多くの人に情報を提供する文章でなくてはいけません。

そのため、誰かを批判したり、不快な思いをさせてしまったりするような文章が、出回ってしまうことは決してあってはならないのです。

校正ではこれらをチェックすることも求められるのです。

みのがしがないように

パソコンで行う仕事の中には、校正作業の求人というのもあります。

これらは在宅でおこなわれることが多く、在宅ライターの書いた文章をインターネットを使って別の校正担当者のもとへ渡して、作業を行なうのです。

もちろんこれらはフリーの在宅ライターは、自分自身でおこなっていることも多く、校正専門の人がいない状態で、直接ライターからクライアントに記事が渡る場合もあります。

しかし、どのような場合であっても、在宅ライター自身も校正作業というものは行なっているものです。

人は完璧でいるということは難しいですから、必ずどこかミスが生じてしまうこともあるでしょう。

ライターが書く文章であっても、誤字脱字が全くないということは珍しいはずです。

しかし普通の人がそれに気づくことは、ほとんどないものです。

なぜなら、一般の人の目に触れる前に、それらのミスはほとんど訂正されているからです。

世の中に公にするにあたって、それらのミスが残っていることは好ましくないですから、文章を書いている本人はもちろん、その後何度も他の人の手によって校正作業が行なわれていることがほとんどです。

そのため、新聞やインターネットの情報配信サイトでは、基本的にこういった間違いが出ることはありません。

しかし個人の公開するブログなどは、自身で管理していますから、誤字脱字が出る事も多いのです。

事前審査あり!ライター求人に応募する

注意!ライター登録には必ず審査がございますので、予めご了承ください。

審査内容は申し込み完了後に担当者からメールでお知らせします。

コメントを残す