在宅ワークとアルバイト、どちらを選ぶか?

外で仕事をすることと在宅ワークでは、自分で行うべきことに、さまざまな違いがあります。

例えば在宅ワークとコンビニでのアルバイト。自宅を職場にする状態と外で働く環境、この両者にもやはり違いがあるのです。

在宅ワークの責任の重さ

自宅でできるような仕事ならば、自宅で仕事がしたいと考える人は多いことでしょう。

通勤に長い時間がかかっている人ほど、在宅ワークへの憧れを持つ人もいるはずです。

自宅にいながらできる仕事というものはふえてきてはいるものの、会社などに出向いてこなさなければいけない仕事だって多いものです。

どちらがいいというわけではなく、どちらもそれぞれ特徴があり、いい点もあれば悪い点もあるといえます。

在宅ワークへの憧れを持ち、自宅でできる仕事を始めた人の場合、多くの人が在宅仕事を満喫することでしょう。

ですが収入が今までと同じ、もしくはそれ以上という状況を作り出すのは、決して簡単なことではないのです。

そうなれば、今まで以上に自分が仕事を行うことに責任を持ち、働いていくことが重要になってきます。

在宅ライターの場合、仕事を引き受ける企業などに頼りがちになっている人もいるかもしれません。

ですが自宅で仕事をするという以上、営業なども積極的に、自分で行うことが重要になってくるでしょう。

雇用形態にもよりますが、在宅ライターの場合は業務委託がほとんどですから、仕事が少ないときは別の会社からも仕事を請けるようにして、収入を増やしていく努力が必要になってくるのです。

パートとアルバイトを比較する

パートとアルバイト、両方の求人がかかっていた場合、どちらに応募する人が多いでしょうか。

また、実際に仕事をはじめるようになったときに、これらの違いは何か影響がでるのでしょうか。

パートといえば、扶養控除内で働くといったイメージが強く、その多くが配偶者のいる主婦に該当します。

もちろん逆の場合もあり、女性がフルタイムで働き、配偶者である主夫がパートタイムで働く場合でも同様です。

ではアルバイトはどうでしょうか。

アルバイトというと、学生が学業の合間をぬって行うような、ごく短時間のものが印象としては強いかもしれません。

しかし会社によっては時給で収入を決め、一日に働く時間はフルタイムと変わらず、場合によってはそれ以上になることもあります。

これは正社員という扱いともいえますが、正社員ならば固定給という感覚を持っている人も少なくないでしょう。

ですが出来高払いであったり、歩合制であったりと、一個人の収入のあり方というのはその会社によって考え方がさまざまです。

実際就職する場合にも、それらの説明は受けているでしょうから、それを納得した上で働くことが出来れば、パートであってもアルバイトであっても

正社員であってもそれほど影響はないのかもしれません。

最近では在宅ワーカーと呼ばれるような働き方をする人も増えています。

在宅ライターは基本的に出来高払いですが、それを知った上で皆仕事に取り組んでいるといえます。

自分のやった分だけ収入になるとなれば、自然と皆、働く意欲も増すのかもしれません。

コンビニのバイトと在宅ライターを比較する

求人情報誌でよく見かける仕事といえば、コンビニのバイトかもしれません。

コンビには全体の店舗数も多く、ひとつの店舗で働く人の数もそれなりにいるものです。

そうなれば自然と求人広告自体も多いといえるでしょう。

しかしコンビニのバイトは比較的時給が安いものです。

いつでもどこでも誰でも気軽にはじめやすい仕事だからこそ、安めに設定されているのかもしれません。

夜間勤務などは多少高くはなるものの、その分他の人とは少し違った生活習慣をおくらなければいけませんから、決して効率が良い仕事とは言い切れないでしょう。

ただ、コンビニのバイトというのは、非常に多くの仕事をこなしますから、これから社会に出て働く機会が増えるという人にとっては、良い勉強の場にもなります。

特に接客業は大人が仕事をしていく上で非常に重要なことでもありますから、学生のうちにこなしておくのも良いでしょう。

在宅ライターという仕事は、家で仕事をしますから、コンビニの仕事とはかなり違う働き方といえます。

文章を書くのが得意な人にとっては、コンビニバイトよりも上手に稼ぐことが出来るかもしれませんが、接客などは学ぶことは出来ません。

そのため、ビジネスメールなどを送る場合に常識的なやり取りが出来なければ、仕事相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。

在宅ワークを行う場合は、大人として最低限の営業や接客の知識をある程度身につけておくことが重要といえます。

とにかく自宅で仕事がしたい!

アルバイトを在宅でやりたい、もしくは在宅の仕事があれば募集したい、と考えている人は多いはずです。

収入を得る=稼ぎに出るという考え方そのものが、近年では変わりつつありますから、家での仕事も難しい時代ではないのです。

在宅仕事は数が少ないだとか、収入が少ないといったような印象を持っている人もいるかもしれません。

しかしそんな考え方はむしろ逆で、最近では仕事の種類も数もとても増え、かなりの高収入を得ている人もいるのです。

すべての人が当てはまるわけではありませんが、在宅の場合、仕事を効率よくこなしていけば確実に収入に結びつきやすいといえるでしょう。

在宅ライターは、近年急速にその人口を増やしている職業といえます。

それと同時に、ライターの質そのものも問われるようになってきていますから、力のあるライターが高収入を得られる環境も整ってきているのです。

自宅で仕事がしたいという人は、自宅でできれば何でもいいと、考えてしまうこともあるでしょう。

ですが後々のことを考えれば、確実に自分にあった仕事を見つけたほうがいいはずです。

やる前から自分に向いている仕事を探すのは難しいですが、在宅ライターの場合、文章を書くことが好きならばきっと向いている仕事といえます。

必要な技術や資格は特に無いわけですから、後は実践で自分の力をつけていけばいいのです。

事前審査あり!ライター求人に応募する

注意!ライター登録には必ず審査がございますので、予めご了承ください。

審査内容は申し込み完了後に担当者からメールでお知らせします。

コメントを残す