在宅ライターは個人事業主

在宅で働くことは、さまざまなメリットが生まれますが、その分責任は自分で負わなければいけません。

仕事を請負う責任はもとより、個人事業主として申告する責任も自身にあるのです。

個人事業主として

主婦がかならずパートをやっているかといえばそうではなく、専業主婦の方もいれば、フルタイムで仕事をこなしている主婦の方もいるはずです。

パートという言葉を聞くと、主婦という言葉を連想してしまう人も多いようですが、決してそうとはかぎりません。

中には、パートのかわりとして在宅ではじめた在宅ライターの仕事がいつの間にか本業になってしまうという場合もあります。

収入もある程度安定してくれば、りっぱな職業として、自信を持って世間にアピールすることも出来るでしょう。

そうなった場合、確定申告の際には個人事業主としての届出を出してから行なう必要が出てきます。

確定申告の際には、青色申告、白色申告とよばれるものがありますが、収入が少ないうちは白色申告でも問題はありません。

ですがある程度収入も安定してきて、仕事として長くやっていこうという気持ちがあるのなら、しっかりと届出を出しておきましょう。

個人事業主としての届出を出しておけば、自分がライターだという自覚も、以前より強くなるはずです。

ライターの場合、確定申告は自分でやることが多いものですが、もしわからない場合は税理士などに相談しながらすすめるといいでしょう。

確定申告時期は混み合いますから、余裕を持って手続きをすすめるようにしましょう。

自分でなにもかもやるということ

フリーライターの求人というものは比較的みることはないでしょう。

なぜならフリーである時点で、自分自身で仕事を見つけ、率先して動いていく雇用形態ともいえますから、それを企業や会社側から募集することはあまりありません。

もしライターを募集しているのなら、フリーにこだわる必要もないはずです。

在宅ライターでもいいですし、ウェブライターなどでもいいでしょう。

もちろんどのようなライターの文章を求めるかによっても、求人内容は変わってきます。

文章の内容によっては専門的な知識を持ったライターに仕事を依頼する必要が出てきますから、どんなライターであっても文章が書けるというわけではないのです。

ライターという仕事は、自分で何もかもやらなければいけません。

営業、経理、実務、全てのことを自分自身でこなすことがこの仕事には欠かせないのです。

今まで積極的に経理や営業の仕事をやっていなかった人であっても少なからずそれらの行動を起こさなければいけないでしょう。

誰かに頼婿とも出来ますが、その分費用はかかるでしょうから、ライターの収入でそれを行なうことは、あまり現実的ではないのです。

しかし自分で全てをやるということは、色々な知識や経験が身につきますから他の仕事をやる場合でも、応用がきくことがあります。

そのため自分で仕事をする人は、いろいろな仕事を一緒にこなしている人も多いのです。

自由を得ると同時に責任を持つ

在宅の仕事に憧れる人も多いのではないでしょうか。

憧れる理由としては、誰にもしばられずに自由に仕事が出来ることや、通勤時間が不要なことかもしれません。

もちろん他にもあるでしょうが、これら二つの憧れを持つ人は多いはずです。

たしかに在宅の仕事をすれば、これら二つの条件を満たすことは出来ます。

ですがそれと同時に、自分の仕事や生活に関して、全ての責任を持つ必要もあります。

自分が仕事を失敗すれば自分はもちろんのこと、仕事に関わる全ての人に多大なる迷惑をかけることになります。

それによって今後仕事がなくなるようなことになれば、収入が得られず、生計をたてていくことすらできなくなってしまうのです。

また、体調を崩して引き受けていた仕事がこなせなくなるのも同じことが言えます。

体調管理も在宅ワークにおいては、かかせない仕事なのです。

在宅ライターの中には、フリーライターの募集に応募して仕事を得ている人もいます。

自分の仕事に責任を持っているからこそ、積極的に仕事を引き受けるために、募集に応募をするのです。

自分のやる仕事に自信がなければ責任は持てませんから、在宅ワーカーには向かないでしょう。

仕事は待っていてもやってくるものではありませんから、仕事を探す事も在宅ワークにおいて欠かせない仕事なのです。

流行の働き方

最近ではsohoと呼ばれるような、在宅ワーカーも増えてきています。

在宅ワーカーの仕事はさまざまですが、主にパソコンを使って仕事をこなすことが多いのです。

とは言っても、パソコンを使って出来る仕事そのものも実に多くSohoという働き方だけで職業を判断することは難しいでしょう。

色々な仕事をこなしているような人もいますから、本人に直接どのような仕事が出来るのかを聞かなければわからないこともあります。

在宅ライターも、他の仕事をこなしながら行っているという人も多いものです。

文章を書くこと自体は難しくはありませんから、仕事の内容によっては初心者であっても出来る仕事も多いのです。

だからといって在宅ライターは、文章が書ければそれでいいというわけではありません。

その仕事だけで生計を立てている人も多いのですから、在宅ライターという職業を本格的にこなしていくことは、簡単なことではないでしょう。

在宅仕事というものは自分で仕事を見つけ、こなしていく必要もありますから、収入を安定させるのも難しいのです。

流行の働き方だからといってそれにすぐにのらず、自分にあっている仕事のスタイルかどうかを見極める事も大事なことです。

何もかも自分でやるということは、自分に全ての責任があるのですから、それを理解していなければ、生活を安定させることは難しいでしょう。

事前審査あり!ライター求人に応募する

注意!ライター登録には必ず審査がございますので、予めご了承ください。

審査内容は申し込み完了後に担当者からメールでお知らせします。

コメントを残す