ライター業として経験を積む

どのような職業でもそうですが、その仕事から得た経験が実績につながります。

ライターという仕事も経験を積み重ねることにより評価され、実績となるでしょう。

どれだけ経験すれば経験者を名乗れるのか

仕事を行ううえで、「経験者」という肩書きはひとつの目安となります。

それにより仕事のスムーズさや覚え方といったものが、大きく変わってくるからです。

そのため募集状況によっては、経験者だけに限定されることも多々あります。

特に、熟練した技術を必要とするような職業においては、即戦力が求められることが多いため、経験者の需要が高いのです。

ではライターという仕事はどうでしょうか。

ライターの求人をみていると、未経験の人が始めるケースはとても多いのがわかります。

ライターという職業は以前からあったとしても、ウェブの需要によりその数は以前とは比べものにならないほどのびてきているのです。

在宅ライターというスタイルが定着していくことで、未経験者が始める割合がどんどんと増えているといえるでしょう。

ただ、どれくらい仕事をこなしたことがあれば、「経験者」を名乗れるのかと考えると、今のライターの場合は少し難しいかもしれません。

小さな仕事ならばひとつ100円前後というものもあるでしょう。

そういった仕事を少しだけしかこなしていなかったとしたら、経験者は名乗りづらいかもしれません。

ただ、今はライターの仕事はかなりの数があるといえます。

積極的に引き受けようと思えば未経験者でもこなせる仕事はたくさんありますから、どんどんと経験をつんでいくと良いでしょう。

憧れと現実と

記者の求人というものはあまり多く見かけるものではありませんが、その仕事に興味を持ってはじめてみたいと考える人もいるはずです。

ライターと記者とは、同じような仕事をしているようなイメージがありますが実際にはちょっと違うともいえます。

記者というのは記事に使う情報を自分の足でいちから収集することが多いものですが、ライターの場合は、インターネットなどを利用しながら、上手にたくさんの情報を入手していくことが一般的です。

もちろん一概には言えませんが、最近の在宅ライターといわれるような仕事は、まさにそういったやり方で仕事を行っている人が多いのです。

中には仕事そのものが楽しそうに感じる人もいるかもしれませんが、憧れだけで仕事を判断することは難しいものです。

実際に在宅ライターの仕事をはじめて、現実の厳しさに気づき、途中で挫折してしまうという人も中にはいるのです。

しかしはじめる前から諦めてしまうのでは、先に進むことはできません。

興味を持ったのなら、まずは一度記事やライターとしての仕事を行なってみるのもいいでしょう。

その上で、仕事にやりがいを感じたのなら、長く続けてみるのもいいかもしれません。

きっとそれらの経験がライター業をする上での大きな力となるかと思います。

ライターの初心者とプロ意識

求人の情報を見てライターなった人は多いことでしょう。

しかしライターになる前にライターの仕事をしていた人は、それほど多くはないはずです。

最近では在宅ライターなどの仕事をする人も増えていますから、かなり未経験者が多いと考えられます。

そうなると、ライターを始めたときはまだまだ初心者という考え方になるはずですが、実際にはそうでもないようです。

たとえば、作家志望で文章を書くのが好きな人がライターの仕事をはじめた場合、最初から比較的プロ意識を持っているケースもあるそうです。

すでに作家としての活躍が世間的に認められているのならば話は別ですが、趣味の範囲の場合はあくまで自称という考え方にもなります。

そうなればプロ意識を持っていたとしても、実力がそれに追いついていないケースというのも多々あるわけです。

もちろん、いつまでも初心者気分で仕事をするわけにもいきませんが、最初からベテラン意識を持つというのも少し違うかもしれません。

ライターという仕事をおこなう以上、自分の書く記事に責任を持つ事は大事ですが、それとベテラン意識とはまた別の問題です。

記事を書く仕事の場合、まずは自分の書く文章の実力がどれほどのものか判断する必要があるといえます。

その上で自らの意識を変えていくことも重要といえるでしょう。

公募サイトを利用してライタースキルアップ

webではさまざまな求人がおこなわれていますが、その中でもネットという環境を上手に活かしたものとして、公募サイトがあります。

職業につく人を募集するというよりも、発生する仕事のたびに、それにあった人材を募集するという考え方です。

これにより企業側は常時人材を抱える必要がないため、小規模な会社などが公募を利用するケースが多いといえます。

これは仕事を探している人にとっても、貴重な場といえるでしょう。

特にSOHOやフリーランスとして働いている人は個々最近増加傾向にあります。

その場合は常に一定の仕事をこなしたいと考える人もいれば、自宅での家事育児などを考慮しながら、自分の生活ペースにあわせて仕事量を調節したいと考える場合もあるでしょう。

特に後者の場合は、公募サイトを上手に利用することで効率よく収入を得ることも出来るはずです。

しかし公募サイトに募集する人は自分だけとは限りません。

数名の募集者の中から優れた人材が選ばれるケースがほとんどです。

そうなるとある程度実力がなければ、収入を得ることは難しくなります。

在宅ライターなど、ある程度募集人数が多い仕事ならばうけやすいですが、募集者が少人数の仕事の場合は、ある程度実績が必要かもしれません。

サイトによっては、過去にそのサイトを利用して受けた仕事を実績としてみやすく表示されるところもあるようです。

つぼみがひらくタイミングは自らの手でみつける

在宅ライターという仕事をしている人は、みな最初は初心者なのです。

ライター募集は、未経験の人であっても応募しやすい仕事と言えます。

そのため、経験者が募集に応募するケースの方がむしろ少ないといえます。

未経験者がライターの仕事をはじめた場合、慣れるまではなかなかライターとしてのつぼみは開花しません。

ライターをはじめた時点で、種を植えたとするならば、ライターとして初めての仕事で芽が出ると考えればいいでしょう。

その後仕事が効率よく受けられるようになれば、どんどんと葉をつけていくでしょうし、水という名の仕事を必要以上に与えすぎれば、根はその仕事を処理しきれず根腐れしてしまい、枯れてしまうこともあります。

在宅ワーカーの場合、それを決めるのは、まぎれもなく自分自身なのですから、自分がこなせる仕事量を見極める事も大事なことと言えます。

本当に自分がライターとして向いているかどうかと言うのは、自分自身にしかわかりません。

そのため、つぼみが開花すれば未来は明るいでしょうが、花がつかずに葉だけがたくさんとつく人だっているはずです。

どちらの場合も枯れることがなければ、長くライターとしての生活を続けることが出来ます。

仕事を決めるのも自分自身なのですから、自分が今後どうしたいのかを考えながらライター業をこなしていくと、経験者としての土台が積みあがることでしょう。

事前審査あり!ライター求人に応募する

注意!ライター登録には必ず審査がございますので、予めご了承ください。

審査内容は申し込み完了後に担当者からメールでお知らせします。

コメントを残す